ピルは女性が自分で避妊することができます。もちろん、信頼の置ける男性とならコンドームを使った避妊でもいいですが、コンドームは途中で取れたり破けたりという事も有ります。そんな時のためにも、ピルで女性も避妊しておくことは大事なことなのです。

中絶予防にピルを活用し骨盤矯正と併用で生理痛緩和

望まない妊娠をしてしまった場合、ほとんどの女性が中絶手術を受けます。
中絶手術は身体的にも、そして精神的にも大きな傷を残してしまうので、できるだけ避けたいものです。
中絶手術を受けない為にも、必ず避妊を行いましょう。
日本で避妊といえばコンドームという考え方がまだまだ強いようです。
コンドームは避妊の効果もありますが、確実に避妊できるとは限りません。
実際、コンドームの避妊率は8割止まりです。
確実に避妊するには、ピルを活用しましょう。
ピルは正しく服用すれば100%、避妊できる薬です。
服用する事で排卵がストップするので、性交渉をしても妊娠する事はありません。
コンドームは性感染症を予防する為に使用し、避妊はピルを使う方法が女性の体を守る事に繋がります。
また、ピルは避妊だけでなく生理痛の緩和にも有効です。
生理痛は個人差があり、中には寝込んでしまう方も少なくありません。
毎月、辛い症状を我慢しなければならず、悩んでいる女性も多いと思います。
生理痛が起こる原因の1つとして、黄体ホルモンの作用が挙げられます。
生理の前に分泌量が増加する黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くする働きをします。
子宮内膜には子宮を収縮させる、プロスタグランジンという物質が含まれているのですが、このプロスタグランジンが増えれば増える程、生理になった時に子宮が強く収縮するので痛みを感じるのです。
ピルは子宮内膜が厚くなり過ぎないようにする効果も持っています。
服用する事でプロスタグランジンが増えるのを予防し結果、生理痛も緩和できるのです。
ピルで治療するのと共に、骨盤を矯正するとより生理痛を改善できます。
骨盤が歪んでいると子宮部分の血行が悪くなり、痛みを感じやすくなるようです。