ピルは女性が自分で避妊することができます。もちろん、信頼の置ける男性とならコンドームを使った避妊でもいいですが、コンドームは途中で取れたり破けたりという事も有ります。そんな時のためにも、ピルで女性も避妊しておくことは大事なことなのです。

事前に避妊できるピルと事後に避妊するピルの違いとは

ピルには毎日きちんと飲むことで避妊を行うものと、性交渉の後に飲むことで妊娠する確率を下げるものがあります。どちらも同じピルですが、全く別のものとも言えます。
毎日飲むことで避妊を行うものは低用量ピルと呼ばれており、配合されている卵胞ホルモンの量が少なくなっています。
避妊はちゃんと行えるけど副作用が起こりにくくするために卵胞ホルモンの量が少なくなっています。
そのため服用忘れを行ってしまうと体内のホルモンバランスがすぐに自分本来のものに戻ってしまいやすくなり、避妊効果が落ちてしまう可能性が高くなりますが、きちんと服用すればほぼ100%の避妊が行えると言われています。
避妊だけではなく生理痛やPMS、子宮内膜症、更年期障害の予防や改善、ニキビや肌荒れの改善のためにも処方されるなど幅広い用途を持っています。
それに対して事後に避妊するためのピルはモーニングアフターピル、緊急避妊薬とも呼ばれています。
これは配合されている卵胞ホルモンの量が多くなっており、その作用で排卵前なら排卵をストップしたり子宮内の粘膜の粘度を強くして精子が進めないようにしたり、受精卵が着床するためのベッドである子宮内膜を剥がしてしまう作用があります。
ホルモンの含有量が多いため吐き気や嘔吐、むくみなどの副作用が起こりにくくなっています。
身体に与える影響が大きいため性交渉のたびに飲むものではなく、あくまで緊急的に飲むものになります。
事前に飲むものと違い、事後に飲むものは100%確実な避妊ができるとは言えません。
妊娠する確率を20%ほど下げる効果があると言われていますが、排卵日付近では約40%の人が妊娠してしまうとも言われています。