ピルは女性が自分で避妊することができます。もちろん、信頼の置ける男性とならコンドームを使った避妊でもいいですが、コンドームは途中で取れたり破けたりという事も有ります。そんな時のためにも、ピルで女性も避妊しておくことは大事なことなのです。

東京のクリニックは避妊目的のピルは保険が効かない

日本の首都東京では、男性並みに部下を持ち、責任ある地位で、バリバリと働くキャリアウーマンも少なくありません。我が国においても女性の社会進出は進んでおり、能力のある女性を求める企業も多いです。しかし、働く女性が気を付けなければならないことは、女性ならではの生理、妊娠、出産で、自分が任せられている仕事に支障をきたさないようにしなければ、社会人としては失格といわれても仕方がありません。生理期間になると普段通りに過ごせなくなる方、予期せぬ妊娠、このようなことを回避させるためにも、是非、低用量ピルを服用して自分の身体は自分でしっかりと管理できるようにしておきましょう。ピルは女性が飲む避妊薬として広く知られていますが、避妊効果以外にも女性の生活の質を、格段に向上させてくれる効能があるので、働く女性は積極的に用いるべきです。第一に、生理周期を安定させる働きがあり、今まで生理不順に悩まされてきた女性でも、ピルを服用するようになると、まるでカレンダーのように自分の生理予定日が把握できるようになります。大切な予定が生理日とかぶらないように事前に調整できるということは、非常に便利で助かります。またピルを服用してからの生理は、驚くほど軽いものとなり、経血量もぐっと減少します。今まで出血量が多く貧血にまでなってしまっていたという方でも、普通サイズのナプキンで間に合うくらいしか出血しないので、生理ナプキンをこまめに取り変えなければならない煩わしさもなくなります。ただしこのピルは、避妊目的で使う場合には、保険が適用されないので、薬代は病院側の言い値となり、毎月平均して三千円ほどはかかります。定期的に検査も必要なので、金銭的な負担は必要となります。