ピルは女性が自分で避妊することができます。もちろん、信頼の置ける男性とならコンドームを使った避妊でもいいですが、コンドームは途中で取れたり破けたりという事も有ります。そんな時のためにも、ピルで女性も避妊しておくことは大事なことなのです。

限界まで避妊成功率を高めるなら自由診療のピル

健康な身体を持つ女性に取って、男性との交際において、最も気を付けなければならないことといえば、やはり想定外の妊娠なのではないでしょうか。女性に取って、将来自分の子供を持つということは、非常に大切なことなので、望まない妊娠をしてしまうことによって、危険な中絶手術を受けなければならないというリスクは、何としてでも回避しておくべき事柄です。しかし、日本女性はまだまだ避妊を男性任せにしている方も多く、その結果失敗し、心と身体に大きな傷を負ってしまっている方も少なくありません。男性が装着するコンドームは、正しく使用すればそれなりの避妊成功率はありますが、しかし、膣内で外れてしまったり、破損してしまっていたといったアクシデントを考えると、絶対とは言えません。避妊成功確率を限界まで高めたいのであれば、やはり女性側もピルを服用し、妊娠しない身体に整えておく、といことが安全ではないでしょうか。今日本で主流となっている低用量ピルは、含まれるホルモン量を限界まで下げながら、なおかつ、高い避妊率が期待できる優れた医薬品です。毎日決まった時間に飲み忘れなどしなければ、ほぼ百パーセントに近い確率で避妊ができます。コンドームと併用すれば、なおさら安心できます。ピルは保険が効かない自由診療で、薬代も決して安いとは言えませんが、望まない妊娠をしてしまうことによるデメリット、そして、次の生理がきちんと来るかどうか、不安な気持ちで過ごさなければならないストレスを考えると、決して高いものとは言えないのではないでしょうか。ピルは、生理周期を安定させたり、生理痛や月経前症候群などを緩和させる効能があり、女性の日常生活を格段に向上させてくれます。